部材をそのままの形では使用できない場合、アール曲げ加工会社にアール曲げ加工を依頼する方もいらっしゃいます。ジャパンアールベンディング有限会社では、アール曲げ加工会社としてこれまで数多くのアール曲げ加工を対応してまいりました。こちらでは、アール曲げ加工の概要に加え、ジャパンアールベンディング有限会社が取り扱っている材質、アール曲げ加工をご利用いただいている業種・分野についてご紹介します。

アール曲げ加工とは?

アルミの材質イメージ

アール曲げ加工とは、その名の通り板金をRの形状に加工することを指します。曲げの加工をする際は、汎用の金型を用いる場合もあれば、専用の金型を用意して対応するケースがあります。また、業者によっては、ベンディングローラーを使ってアール曲げ加工を行います。

ジャパンアールベンディング有限会社では、「コンプレッション方式」という独自の曲げ加工技術を用いた加工を得意としています。一般的な機械では加工できない形状にも対応できますので、どのようなアール曲げ加工もお任せください。

ジャパンアールベンディング有限会社が取り扱っているアール曲げに対応している材質

アール曲げ加工会社ごとに、対応できる材質には違いがあります。以下では、ジャパンアールベンディング有限会社が、取り扱っているアール曲げ加工に適した材質をご紹介します。

材質名(材質の種類) 補足情報 対応している長さ 厚み
アルミ押し出し材 主にA6000番台
T-1、T-5、O
~4000mm ~6mm
アルミ板材 主にA1000番台 ~4000mm ~3.0mm
鉄(鋼材) ss400 ~4000mm 5.0
鉄(板材) spcc secc sphc ~4000mm 3.2

これら以外の長さ、厚みでも対応可能な場合があります。また、他の材質も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ジャパンアールベンディング有限会社が行うアール曲げ加工をご利用いただいている業種・分野

アルミレール

ジャパンアールベンディング有限会社では、アール曲げ加工会社だからこそ実現できる精密な加工技術を駆使して、多くの方々に高品質なサービスを提供してきました。以下では、アール曲げ加工をご利用いただいている業種・分野についてお伝えします。

建築

  • ビル用アルミサッシ
  • 平面アールFix枠
  • 店舗、住宅用アルミサッシ
  • 立面アールFix枠
  • アルミエクステリア部材
  • アルミインテリア部材
  • アルミレール、カーテンレール
  • 建築板金製品

鉄道車両関係

  • 押出し型材
  • ドア、窓周り

生産設備関係

  • 工場生産ライン搬送用レール

アール曲げ加工会社に依頼をするなら~素材に関するご質問は随時受け付けています~

アール曲げ加工会社を利用したいとお考えでしたら、ジャパンアールベンディング有限会社にご依頼ください。長年曲げ加工に携わってきた実績と、専門的な知識を活かして、依頼者様のご要望通りの加工を行います。素材をはじめ、曲げ加工に関してご不明な点がありましたら、遠慮なくご質問ください。わかりやすく疑問に対してお答えします。

アール曲げ加工会社を利用するならジャパンアールベンディング有限会社

会社名 ジャパンアールベンディング有限会社
代表者 代表取締役 中村昌浩
住所 〒277-0863 千葉県柏市豊四季945−264
TEL 04-7147-3041
FAX 04-7147-3043
URL https://www.jrb.jp/
設立 1988年8月
資本金 7,000万円
設備 ドローベンダー・附属台盤35台パイプベンダーCPC100・切断機・昇降盤・天井走行クレーン・ウインチホイスト
事業内容 冷間によるアール曲加工・アール製品製作・販売
取引銀行 千葉銀行 柏西口支店・三菱UFJ銀行 柏中央支店
取り扱い素材 アルミ・スチール・ステンレス・他
当社の技術 アルミ、スチール、ステンレス等の建築金物類を冷間によるアール曲げ加工の会社です。 ビル用、・住宅用サッシ、カーテンウォール、アール幕板、S字曲げ、複層アール曲げ等、一般曲げ機械で加工不能な形状も可能です。

CONTACTお問い合わせフォーム

お仕事や製品についてのご相談等、お気軽にお問い合わせ下さい。

pagetop